解体工事に関する、よくあるご質問をまとめてみました。

Q1. どのような解体方法がありますか?
Q2. 電気、水道、ガスなどの手続きはどのようにすればいいのですか?
Q3. 井戸がいらなくなったら場合は?
Q4. 境界やブロック塀はどうすればいいの?
Q5. 家を切り取って解体してもらえるだろうか?
Q6. 建物を解体すると基礎コンクリートはどうなるの?
Q7. 家を解体して、基礎コンクリートを撤去すると低くなりますか?
 
Q1. どのような解体方法がありますか?
A1. 解体には大きく分けて二つの方法があります。
 
手こわし解体 人力で木造部分についてバール等で解体する方法。
機械による解体 パワーショベルに爪のようなアタッチメントを取り付け、物をはさむように木造部分を解体する。あらかじめガラス等をはずしておき解体しながら分別する方法。
 
Q2. 電気、水道、ガスなどの手続きはどのようにすればいいのですか?
A2. それぞれに届出、提出先、提出時期が異なりますので、以下を参考にしてください。
 
 
届   出
提 出 先
提出時期
電   気
 低圧電灯電力撤去申込  電力会社  廃止7日前
電   話
 電話機撤去申込  NTT  廃止7日前
水   道
 水道使用停止届  市町村の水道局  廃止7日前
プロパンガス
   プロパン販売会社へ  
浄 化 槽
 市町村許可のし尿処理業者  電話連絡  廃止7日前
 
Q3. 井戸がいらなくなったら場合は?
A3. 最近では井戸のほとんどが埋められています。
 
新築工事をする際に「解体時に井戸を埋めたいのですがどのようにすればいいのですか?」といったお問い合わせをよくおうけします。最近ではほとんどのご家庭で水道水を使用するため、使用していない井戸は埋めてしまいます。この際、施主によっては神主さんを呼んで御祓いをしますが、一般的にはお清めとして井戸の周辺に塩をまいたり、「埋めて良し」にかけて梅と葦(ヨシ)をそなえたりして御祓いをします。
 
Q4. 境界やブロック塀はどうすればいいの?
A4. 隣地とのトラブルをさけるためにも隣とよく話し合い、納得した上で実地するのが望ましいでしょう。
 

解体をする場合一番問題になりやすいのが、隣地との境界にあるブロック塀撤去に関することです。
これは、境界のブロック塀を共有で建設した場合、自分のところを新築する際に、ブロックとバランスが悪いので解体したい場合や、金銭等の負担をめぐることでこじれることが多いようです。
これら隣地の境については、あらかじめ境界杭を確認しておく必要があります。また、家の前に道路が無い場合や私道の場合などにはトラブルになりやすいので、隣地相互に立ち会ってお互いに納得した上で実施するのが望ましいでしょう。

 
Q5. 家を切り取って解体してもらえるだろうか?
A5. 解体で切り取ることは可能ですが、その後のアフターケアが必要となります。
 
家屋の規模が大きな場合や別棟がある場合は、新築をする際家を切り取って欲しいというご要望を耳にします。
もちろんミカンのように「切り取って」というわけにはいきませんが、解体で切り取る事は可能です。ただ切り取り解体した家屋の後の切り離し、雨じまい、修繕を伴う養生などは、住宅メーカーなり大工さんの仕事となります。
 
Q6. 建物を解体すると基礎コンクリートはどうなるの?
A6. 再生骨材や砂になって再利用されます。
 

西洋の建物は基本的に石で造られていますが、歴史的に日本では木の家が主流です。しかし木で造られた家といえども地震国日本では基準にあうよう基礎にはコンクリートが使用されています。
基礎コンクリートの破砕は重機で小割にされてダンプに積み込まれ、当社の中間処理工場で再生骨材や砂になって再利用・販売されています。

 
Q7. 家を解体して、基礎コンクリートを撤去すると低くなりますか?
A7. 多少低くなります。
 
建物などの上屋を解体し、次に基礎コンクリート部分を解体し、小割にしてダンプ等で場外に搬出します。コンクリートはリサイクル出来ますので、当社の中間処理工場へ搬出します。
やはりGLより下がって基礎コンクリートが作られてますので、どうしても基礎コンクリートを搬出すると多少なりとも低くなります。
基礎コンクリートを搬出する際に、どうしても土と混ざって一緒に搬出する事になってしまうのですが、当社ではパワーショベルのバケットを特殊なものに交換して極力土を運ばないように工夫しています。基礎コンクリートを搬出して極端に低くなるということはありませんが、年々地盤沈下が進みますので盛土をするなどして対策を練るとよいでしょう。
 
Copyright (C) 2002 Oura Kogyo Co.,Ltd. All Rights Reserved